DIY初心者でも正確な直角カット、45度カットが出来る「ソーガイド・ミニ」

DIY初心者でも正確な直角カット、45度カットが出来る「ソーガイド・ミニ」 アイキャッチ工具類

木材を正確にカットするのにオススメの「ソーガイド・ミニ」を紹介します。

はじめに

木材を正確にカットするのって思った以上に難度が高いです。
まっすぐカットしたつもりでもナナメったりしますし。そうなると後で他の木材と上手く接合出来ないんですよね。

しかし「ソーガイド・ミニ」と言うノコギリ 補助道具を手に入れてから正確にカットが出来る様になりました。
DIY初心者からちょっとレベルアップした感じです。

ということで、

今回はソーガイド・ミニを紹介! 

ソーガイド・ミニのパッケージ

外箱

コンパクトなパッケージです。
保管するにも箱に入れてた方が収まりが良いので使った後はこの箱に入れています。(※記事作成時点)

ソーガイド・ミニ パッケージ

※現在はソーガイド・ミニ用に作った工具箱に収納しています。

中身

中を開けるとこんな感じ。使い易いノコギリ とセットです。
「もでりん」って言うWindow用のCADソフトも入ってますが、うちはMACなので使えませんでした。

ソーガイド・ミニ 同梱物

ソーガイドの使い方

幅の狭い木材のカット方法

幅の狭い木材のカットはオレンジの治具を使います。
↓の赤マルの部分をしっかり板にくっつけることで正確な直角カットが出来ます。

ソーガイド・ミニ 位置セット

けがき線に付属のダミープレートを合わせてクランプでしっかり固定します。
合わせる位置はけがき線の外側です。
(右側が必要な部材の場合、ダミープレートはけがき線の左側にきます)

ソーガイド・ミニ ダミープレートセット

ダミープレートを引き抜いてノコギリ をセットします。

ノコギリ は引く時に切れるので引く時に力を入れるように意識してカットしていきます。

ソーガイド・ミニ けがき線の内側

幅の広い木材のカット方法

オレンジの治具を外して細長い「平行スライダー」を取り付けます。
治具の取り外しは白いプラの頭が付いた手回しネジです。

コインで回せる溝が付いていますが、手でネジを締めるだけでしっかり固定出来ます。
この使い勝手の良さがソーガイド・ミニの特徴ですね。

ソーガイド・ミニ 平行スライダー

ダミープレートをけがき線の外側に合わせ、平行スライダーでスライドするための板をクランプで固定します。

下に紙を一枚敷いていますが、コレは木材のキズ防止のためです。

本体がアルミなのでスライドする時に木材にすり傷が付くことがあるんですよね。
ちょっと手間ですが、あとですり傷をリカバリする方が大変なので必ず敷いてます。

ソーガイド・ミニ 平行スライダー ダミープレートセット

ダミープレートを引き抜いてノコギリ をセットします。
ノコギリ の進み具合と合わせてソーガイドもスライドしてカットしていきます。

ソーガイド・ミニ 平行スライダーでカット

切断面はこんな感じ。綺麗な切断面です。

ソーガイド・ミニ 切断面

ちなみに木材を買った時の断面よりソーガイドで切断した断面の方が綺麗でした。
コレぐらい綺麗だとヤスリをちょっと掛けるだけで表面処理が完了するのでありがたいです。

購入時の断面は丸ノコのスジ?が沢山入っていてデコボコです。

ソーガイド・ミニ 切断面の比較

45度にカットする方法

45度カット用の治具をつけます。
左右逆にも付けられるのでカットし易い向きにすることが可能です。

ソーガイド・ミニ 45度カット治具

けがき線の外側にダミープレートをセットしてソーガイド・ミニ本体をクランプでしっかり固定します。

その後、ダミープレートの代わりにノコギリ をセットしてカットします。

ソーガイド・ミニ45度カット治具

正確な45度カットが簡単に出来ます。

ソーガイド・ミニで正確な45度カット

切断面を合わせて直角にすると正確に45度でカット出来ていることがわかります。

ソーガイド・ミニ 正確な45度カット 直角

正確な45度カットはフォトフレーム の枠を作ったりする際に必須です。
ちょっとでもズレていたら枠になりませんので。

前にDIYしたカウンター上キャビネットのすりガラス枠も45度治具でカットして作っています。

 はい。そんなわけで今回はソーガイド・ミニの紹介でした。
もうコレなしでDIYは無理ってほど依存しております。

 付属のノコギリ は「ライフソー175G」で単体売りの「ライフソー175S」用の替刃が利用可能です。

ソーガイド・ベスト」って言うソーガイド・ミニの新バージョンも出てますね。ノコギリ の刃が大小二枚ついている分、お値段ちょっと高め。

でも色がシックでカッコいいです。ソーガイド・ミニはちょっとおもちゃ感があるオレンジですので。

 ミニじゃないソーガイドはこちら。
傾斜カットが出来る分、ソーガイド・ミニより高機能ですが、何故かソーガイド・ミニより安いんですよね。治具の調整に六角レンチが必要なので手軽さではミニの方が良いです。

 ソーガイド・エフはソーガイドの高機能版。
任意の角度でカット可能。45度以外でもカットしたいって場合はコレしかないです。こちらも治具の調整は六角レンチが必要です。

まとめ

ソーガイド各種まとめるとこんな感じです。 
やはりDIY初心者にはソーガイド・ミニがオススメですね。次点でソーガイド・ベストですが、ちょっとお高いです。

 

製品名

特徴

コメント

定価(税別)※記事作成時点

ソーガイド・ミニ

・角度固定式(直角・左右45度)
・軽量コンパクト
・角度調整・治具付け替えは手締めネジで簡単

使い易さ・コスパ重視ならコレ

6,240円

ソーガイド・ベスト

・角度固定式(直角・左右45度)
・軽量コンパクト
・角度調整・治具付け替えは手締めネジで簡単
・ノコギリ 刃が2本付属

使い易さ・デザイン重視ならコレ

9,880円

ソーガイド

・角度固定式(直角・水平45度・傾斜45度)
・角度調整は六角レンチでちょっと面倒

傾斜45度カットがしたいならコレ

5,310円

ソーガイド・エフ

・直角・左右フリー・傾斜フリー
・角度調整は六角レンチでちょっと面倒

角度フリーでカットしたいならコレ

8,060円

コメント

タイトルとURLをコピーしました