コーヒーフィルターをオシャレに収納!コーヒーフィルターケースをDIY

コーヒーフィルターをオシャレに収納!コーヒーフィルターケースをDIY アイキャッチDIY

はじめに

平日は時間が無いのでインスタントコーヒーを飲んでいるのですが、休日は豆から挽いて飲んでいます。時間は掛かりますが、ゴリゴリ豆を挽いているとコーヒーの良い香りがして心が落ち着くのです。

そんな落ち着いた雰囲気をより楽しむために、コーヒーグッズを下の画像のアンティーク 風のブレッドケースに入れて保管しているのですが、ちょっと気になっている所がありました。

コーヒーグッズ収納

それはこのコーヒーフィルターです。

カインズのコーヒーフィルター

買った時のビニール包装のまま使っているんですよね。まあケースの中に入れているので見た目的には問題ないのですが、ケースの中で倒れてきたりするので納まりがよくないのです。

そこでコーヒーフィルターケースを100均で探してみたのですが、サイズが大きかったり、フタ付きで取り出し辛そうだったり、イマイチ良いのがありませんでした。

ということで、

今回はコーヒーフィルターケースをDIY!

構想 

うちは奥さんと私の二人しかコーヒーを飲まないので、コーヒーフィルターも1〜2杯用の小さいサイズで良いのです。そしてケースの中に収納するのでフタは必要ありません。そこで以下のポリシーで作ることにしました。

  • 1〜2杯用のコーヒーフィルターにぴったりなサイズにする!
  • コーヒーフィルターを取り出し易くする!
  • 既存のコーヒーグッズと合うアンティーク風な感じにする!

木製コーヒーフィルターケース 完成後の外観

こんな感じになりました。ただの箱ですが、シンプルイズベストということで。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 完成後の外観

背面上から見るとこんな感じ。コーヒーフィルターを取り出し易くするため、奥行きは控えめにしています。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 完成後 上から

コーヒーフィルターを収納するとこんな感じ。110枚程度入っていますが、ギュッと詰めればもう少し入りそうです。
コーヒーフィルターをサッと取り出すことが出来るようにするためフタはありません。
ケースの中に収納するのでこれで良いのです。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース コーヒーフィルターセット後

 コーヒーグッズの収納ケースに入れるとこんな感じ。
ケースの奥に立てて収納出来ました。これで倒れてくることもありません。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 縦置き

あ、でも横に置いてもいいかも。
シンプルな箱形なので置き方に自由度があります。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 横置き

ベニヤ板で作るコーヒーフィルターケース

木製コーヒーフィルターケースの組み立て

今回の材料はベニヤ板のみです。

釘などは使わず木工ボンドのみで組み立てています。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 組み立て

ハタガネで圧着すると木工ボンドだけでも結構強度が出ます。

組み立て後はこんな感じ。ただの箱です。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース 組み立て後

塗装前に全体的に120番のサンドペーパーをかけて仕上げに240番のサンドペーパーで表面処理しておきます。

サンドペーパーを掛ける際はハンドサンダーがあると力が入れ易く仕上げが綺麗になるので便利です。
無い場合は端材に紙やすりを当てることで代用可能です。 

木製コーヒーフィルターケースの塗装

ワトコオイル のダークウォルナットで塗装しています。
内部はコーヒーフィルターを入れるので未塗装です。

コンパクトで取り出し易い木製コーヒーフィルターケース ワトコオイル で塗装後

ワトコオイル のダークウォルナットで塗装すると簡単にアンティーク 風になります。

ワトコオイルの塗り方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

はい。そんなわけで今回は木製コーヒーフィルターケースをDIYしました。
コーヒーフィルターの収納問題が解決出来て、コーヒータイムが一層快適になりました!

使った材料・工具

使った材料

材料

内容

本体シナベニヤ(4mm厚)
塗料ワトコオイル (ダークウォルナット)

使った工具

工具

内容

ノコギリ ソーガイド・ミニ
クランプダイソーF型クランプ (200円商品)
ホビーカンナBIGMAN ホビーカンナ25
ハタガネ蝶印 真鍮ハタガネ 300mm
その他ハサミ
紙やすり・ハンドサンダー
木工ボンド
マスキングテープ
定規・メジャー
筆記用具

コメント

タイトルとURLをコピーしました