Nintendo Switchで使える!無線キーボードとマウスのセット

Nintendo Switchで使える!無線キーボードとマウスのセット アイキャッチ買ってよかったもの

はじめに

プログラミング教育が2020年度から小学校で必修化、2021年からは中学校でも全面実施となりました。

うちの娘も少しプログラミングに慣らしておく必要があるかと思い、Nintendo Switchで発売された「ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を購入しました。

パッケージ版には「ノードンふりかえりカード」が付いています。
(ダウンロード版の場合でも、後で欲しくなればニンテンドーストアで単体購入が可能です)

パッケージ版と迷いましたが、思い立った時にすぐできる利便性を重視してダウンロード版を購入しました。

実際やってみると、娘より自分がハマってしまいました。
ほんと、よく出来てますね、コレ。

でも、コントローラーだとカーソル移動がやりづらいんですよね。マウスが欲しくなります。

試しに手持ちの無線マウスを接続してみたのですが、Nintendo Switchに対応していないみたいで、まともに動作しませんでした。。

ということで、

今回はNintendo Switch対応の無線キーボード、マウスを購入したので紹介します!

Nintendo Switch対応 無線キーボードとマウス

パッケージ

当初は無線マウスだけ購入するつもりだったのですが、キーボードとマウスのセットが2500円(記事作成時)だったので、セット購入しました。

パッケージはミントカラーで可愛いです。
娘用なのでピッタリですね。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano パッケージ

パッケージの裏はこんな感じ。

対応OSは「Windows」「Chrome OS」とありますが、Nintendo Switchでも使えます。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano パッケージ裏

このキーボード、マウスはNintendo Switchと無線で直接接続出来ますが、Buletooth対応のマウスなど接続出来ないものが多いので注意が必要です。

Nintendo Switch対応製品以外の無線キーボード、マウスを接続したい場合は、接続用のコンバータが必要です。
コンバータは接続がスマートではないのと、そこそこ値段がするので初めからNintendo Switch対応の無線キーボード、マウスを購入するのがオススメです。

私が購入したのは、こちらのホワイトタイプです。

ブラックもあります。男の子用ならこっちですかね。

本体と付属品

パッケージを開けるとこんな感じ。

キーボード、マウス、USB接続のレシーバー、単四電池です。
電池が付属しているのは親切ですね。すぐに使うことが出来ます。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano 本体と付属品

キーボード、マウスの外観

袋から出してみました。

キーボードの角が丸くなってて可愛いです。テンキーが無い分、コンパクトですね。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano 本体とマウス

キーボードの裏には折り畳み式のスタンドがあります。

角度を付けるとキーボードが打ちやすくなるので、地味に嬉しい機能です。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano キーボードのスタンド

キーボード、マウスの裏をパカっと開いて電池を入れます。

マウスの裏には電源スイッチもあります。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano キーボードのスタンドの電池を入れる

付属のレシーバーをNintendo SwitchドックのUSBポートに差し込みます。

無線マウスを接続している状態で「ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を起動すると、自動でマウスモードになります。

サイズ感

キーボードのサイズ感はこんな感じ。

Nintendo Switchと比較するとキーボードの小ささがよく分かりますね。

ロジクール ワイヤレスコンポ MK245 Nano サイズ感

まとめ

はい、そんなわけで今回はNintendo Switch対応の無線キーボード、マウスのセットを紹介しました。

「ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング」をストレスなくやり込むために購入しましたが、一度マウスを使うともうコントローラー操作には戻れないですね。

カーソル移動が劇的に楽になりました。

プログラミング難しいけど楽しい!

続いてくれるといいなぁ・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました