コンパクトで可愛い! しゃもじ立てをDIY

コンパクトで可愛い! しゃもじ立てをDIY アイキャッチDIY

コンパクトで可愛い しゃもじ立てをDIYしました。

はじめに

ご飯が炊けた後、軽くしゃもじでほぐすと余分な水分が飛んでご飯が美味しくなります。
所謂「シャリ切り」ですね。

シャリ切りをした後にしゃもじを一旦置きますが、炊飯器付属のしゃもじ置きがこのように立てかけるタイプなのです。

当然、しゃもじ置きにご飯が付くので洗い物が一つ増えてしまいます。。

炊飯器付属のしゃもじ置き

なんとなくそのまま使っていたのですが、洗い物は出来るだけ減らしたいですよね。

ということで、

今回はしゃもじ立てをDIY!

構想 

以下のポイントを考慮して作成することにしました。

  • ご飯が付かないようにスタンドタイプにする!
  • 簡単に倒れないようにする!
  • コンパクトで可愛くする!

しゃもじ立て  完成後の外観

コンパクトで可愛い外観です。

耐水性の塗料を塗っているので、炊飯器から出る水蒸気がかかっても大丈夫です。

しゃもじ立て 完成後の外観

底に穴が開いているので、ゴミが溜まることもありません。
メンテナンスフリーです。

しゃもじ立ての穴

背面にはマグネットを2個埋め込んであります。
金属面にピタッと付けて転倒防止に利用します。

しゃもじ立て背面のマグネット

しゃもじを立ててみるとこんな感じ。
重心が低いので安定感があります。

しゃもじ立てにしゃもじを立てたところ

レンジラックの金属フレーム部分にマグネットをピタッと付けて固定します。
強力なマグネットなので少々のことでは倒れません。

しゃもじ立てをレンジラックに設置

こんな所にもピタッとくっつきます。
しゃもじは置けませんが。

しゃもじ立て マグネットでくっつく

セリアの檜板で作るしゃもじ立て

材料カット

材料はセリアの檜板を使います。
いくつか種類がありますが、立てた時に安定感が出るように厚めの板(15mm厚)をチョイスしました。

セリアの檜板

ソーガイド・ミニで材料をカットします。

ソーガイド・ミニはこちらの記事で詳しく紹介しています。 

ソーガイド・ミニで材料をカットしたところ

組み立て

カットした材料を組み合わせて木工ボンドで接着します。

しゃもじ立てを木工ボンドで接着して組み立て

ハタガネでしっかり圧着します。
圧着することで釘やビスを使わないでもかなりの強度が出ます。

しゃもじ立てをハタガネで圧着

表面処理

角をホビーカンナで面取りします。

120番と240番の紙やすりを順にかけて表面処理します。ハンドサンダーがあるとヤスリ掛けし易いです。

 マグネット部分の加工

マグネットを埋め込む穴は金属の棒ヤスリをグリグリ回して掘りました。

しゃもじ立て マグネット部分の加工

マグネットはセリアの「超強力マグネット ミニ」を使います。
ちっちゃいですが、超強力です。

セリアの超強力マグネット

2液混合タイプの超強力接着剤を穴の底に付けてマグネットを埋め込みます。

しゃもじ立てにマグネットを埋め込む

塗装

塗装前の準備として表面を固く絞った布で水拭きして綺麗にしておきます。

塗料はオールドビレッジ バターミルクペイントのCorner Cupboard Yellowish White を塗ります。

バターミルクペイントはマットで柔らかい仕上がりになるのが魅力です。
水性塗料なので匂いもキツくなく部屋で塗装出来ますが、乾けばちゃんと耐水性になります。

しゃもじ立て バターミルクペイントで塗装した後

まとめ

はい。そんなわけで今回は しゃもじ立てをDIYしました。

初めは100均でスタンドの代用品を探したのですが、ピンとくる物が無かったんですよね。
手間は掛かりましたが、可愛く仕上がったので満足です。

これで洗い物が一つ減るよ!  

おー、やったね!  

使った材料・工具

使った材料

材料

内容

木材セリアの檜板(厚み15mm)
マグネットセリアの超強力マグネット ミニ
塗料オールドビレッジ バターミルクペイント
Corner Cupboard Yellowish White

使った工具

工具

内容

ノコギリ ソーガイド・ミニ
クランプダイソーF型クランプ (200円商品)
ホビーカンナBIGMAN ホビーカンナ25
ハタガネ蝶印 真鍮ハタガネ 300mm
その他ハサミ
棒やすり・紙やすり・ハンドサンダー
木工ボンド・2液混合 接着剤
定規・メジャー
筆記用具

コメント

タイトルとURLをコピーしました